150種類以上もの成長因子を注入するヴェリテクリニックのHARG療法!

AGA男性型脱毛症の治療は内服薬や外用薬の処方、注入療法など様々です。
このうち注入療法は特に効果が出やすいとして注目度が高まっています。
成長因子を直接頭皮に注入し、乱れてしまったヘアサイクルを正常化し発毛促進させるのが注入療法の特徴となっています。
グロースファクター再生療法やHARG療法などいくつかの注入療法があります。

ヴェリテクリニックのHARG療法の特徴は?

ヴェリテクリニックのHARG療法では150種類以上もの成長因子を頭皮に注入しています。
一般的なグロースファクター再生療法よりも成長因子が多種類に及んでいる上に、幹細胞から抽出した成長因子を用いていると言う違いがあります。
個人差があるものの3か月から4か月ほどと早めに効果が出てきます。
内服薬や外用薬では脱毛の予防や発毛の促進は期待できるものの、AGAの根本原因はまだそのまま残っています。
そのため治療を中止するとまたAGAが進み始めますが、HARG療法では一度発毛が見られると治療を止めた後でも効果が持続すると言うメリットがあります。
ヴェリテクリニックではパピュール法、ナパージュ法、ダーマローラー法といくつかの注入方法を用意しています。
このうち有効成分の浸透性が良いパピュール法が一般的となっています。
ナパージュ法はパピュール法より効果が出るまで時間がかかるものの、効果の持続性が高い上に痛みが少ないと言うメリットがあります。
ダーマローラー法は極細針で微細な穴を頭皮に付けて、その穴から有効成分を浸透させており痛みの少ない注入方法となっています。
その代わりに頭皮の奥まで浸透しにくいと言うデメリットがあります。
どの注入方法が良いか医師と相談しながら決めていくと良いでしょう。